初めてのCPEを獲得した話と獲得状況の確認方法

スポンサーリンク

CISSPに合格し晴れて(ISC)² メンバーになったらCPEを獲得する旅が始まる。

CPEについてはこの記事で紹介したので合わせて読んでほしい
>>CISSPを取得する前にも知っておきたいCPEに関する大事なこと

私の場合は、(ISC)²公式の隔月発行の無料オンライン雑誌に付属しているクイズに答えることで人生初めてのCPEを獲得した。

クイズでCPEを獲得する方法はこの記事で紹介したので合わせて読んでほしい
>>【CPE獲得】隔月刊InfoSecurityProfessionalのクイズに答えてCPEを獲得する方法

このクイズは、正解してから約15日後にCPEが付与されるルールになっている。

しかし、場合によっては超スピードで付与されるようだ。

私の場合はわずか数日のうちにCPEが付与されていた。

CPEステータスはISC2の会員ページから確認できる。

スポンサーリンク

(ISC)²会員専用ページからCPEステータスを確認する

会員サイトへログイン後、ダッシュボードを確認しよう。

CISSPPRO

CPEステータスは最初120なのだが、今回初めてクイズに答えて2CPEを獲得したことで残りが118になったというわけだ。

また過去3年間のCPE獲得推移も確認できるようだ。

スポンサーリンク

View Detailsのその先へ

いつ何でCPEをいくつ獲得したのか詳細を確認してみる。

CISSPPRO

InfoSecurity Professional Magazineが無料オンライン雑誌の名称で、その2022年のQUIZ(クイズ)にこたえてGroupAのCPEクレジットを2獲得し、Acceptedされていると、すべての詳細を確認することができた。

このような素晴らしいステータス確認システムを提供してくれてありがとう!ISC2!

スポンサーリンク

CISSPで求められる英語力

CISSPの試験自体は、問題の日本語訳の精度が近年かなり向上している。

しかしCPE獲得のための活動の多くはやはり英語だ。

雑誌InfoSecurityProfessionalも勿論フルフルで英語。

筆者は決して英語が得意ではない。よって英語の勉強を最近始めている。

さすがにある程度の英語力がないとCPE獲得の旅だけではなく、最先端の情報をインプットすることが困難だからだ。

やはりITの世界で最先端の情報が飛び交うのは英語圏であるとつくづく実感している。

英語の勉強方法はかなり多いので調べてみたが、高額なものがおおいので無料お試しできるサービスを使っていくのがいい。

色々試した上で最も自分にあったものを選択しないと、いきなり広告だけ見て何となく良さそうなものを選ぶのはリスクが高い。

例えば、RIZAPイングリッシュは30日間の全額返金を付いておりノーリスクで有効性を確認できる。
>>【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

しかし、RIZAPが英語学習サービスを提供しているなんて全く知らなかった。

合格に向けて

CISSPは受験料も高額であるため一発合格を目指すべきだ。

私が一発合格した方法をこの記事で公開したので参考になればうれしい限りだ。
>>2022年版 CISSP一発合格勉強法

またCISSP取得において、事前にしっておくべきことがいくつかあるので、この記事も合わせて確認してほしい。

試験当日の体験記はこの記事にまとめた。

コメント

スポンサーリンク